忍者AF1 安寿・厨子王(片手刀)ゲット。

====================================

忍者AF1にいってまいりました。

ノーグのお兄やんに話かけると、
20年前の古文書が発見されたが解読できないので探れとのこと。
バスのKagetora、そしてAyameの父・Ensetsuに話を聞いて、
アルテパにあるらしき組木細工の箱をとってくる、というのが流れ。
お話を忍者のジョブで聞いて、
モ/白62歳に着替えていざアルテパへ。

プロテス・リジェネ・メロンジュースを飲んで
???を調べると、2匹のクモTsuchigumo(そのまんまやん!)が登場。
スロウとかで魔法を使うのがもったいなかったので
とりあえず殴りつづける。
けっこうクモの攻撃間隔が短い。
途中、リジェネのかけなおしや印ケアル3をして回復、
3回目の乱撃でなんとか1匹目を撃破。
2本目のメロンジュースを飲んで
もう1匹はパライズをかけてまたまた殴りつづける。
そして2匹目も倒して、細木細工の箱(だいじなもの)をゲット。
ノーグのお兄やんに話して、AF 安寿・厨子王 をいただきました。

各段と攻撃力がアップしたのでうれしいです。
また、足りなかった雷遁・土遁の術弐も競売で落札し、
晴れてまた忍者のレベルあげができそうです。
しかし…財政難。  _| ̄|○

・・・

この後、夜にMさんとくんでレベルあげ。
41歳になれました。
○遁の術弐、うまくはまればMBで100ダメージくらい与えられます。
めさうれしいけど盾役やってると空蝉優先で…
といいつつMBしたくてつい自分のHPがオレンジになってることもあります。

やっと自分の居場所をみつけられた気がします。

・・・

2005/04/15追記
誘われない日は「わしはココに必要ないんじゃないかなー」と不安になってしまっていたようでした。今は声がかからなくても、自分ですることを探して、またいつか声がかかっていろいろな人と遊べるなあと思ってあれこれいろんなことをしてココでの生活を楽しんでいます。
遁術MBは、いままでモンクで殴ってるくらいだけだったのでMBできるようになってとても嬉しかった記憶があります。