君は、いまこの月をどこの場所から見てるのだろう…?

=====================================

午前は、オンゾゾの地図取り・デルクフの塔の箱あけをし、
午後は、獣使いと侍をLv10まであげた一日でした。

・・・

わたしがきのう・今日行った獣使いの仕事例を書いてみます。

楽~丁度くらいのモンスターをペットとしてあやつる。
あやつれなかったら、それ以下の強さのモンスターをペットとしてあやつる。
あやつれたら、丁度~おなつよくらいのモンスターにたたかえを指示。
ペットとともに戦うこともあれば、
ペットが戦闘不能になってしまったときに次のペットを探す準備をする。
ときどき魅了状態が解ける。再度、あやつる。
または、自分の手でペットだったモンスターを倒す。

おなつよとかそれ以上の敵を倒すときに、
ペットをぶつけてモンスターのHPを削り、
ある程度HPがけずれてペットがいなくなった状態のときに
ひとりで倒すとウマーなのだと思う。

でも、たとえば蜂とやってて、
ペットにタゲがいってるときとかに、
蜂がペットにファイナルスピアとか打つじゃないですか。
それがどうもわたしはダメダメ。
わたしの身代わりになってくれて…(;д;)ってなんだか悲しくなっちゃって。
ペットさんありがとうエモマクロ、作ってしまいましたよ、
/em はをなでなでなで。いつもありがとうなの。

わたしは獣使いになれない かもしれない。

・・・

侍、まだ低いレベルだからかもしれないですが、強い。
平気でおなつよに特攻できる。ちょっと感動。
どこらへんのレベルからソロがつらくなっていくんだろうか…。
と思いつつ、太刀をぶんぶん振り回していた。

ただ、サポ白で、自己ケアルするMPも残しているときに
辻ケアル・辻プロテスをたくさんいただいたのは
それはわたしの戦い方があやういからでしょうか?
むう。

・・・

2005/04/03 追記
獣使いをあげはじめた時期。かえれができないから魅了切れまでひたすら待ったりペットが死ぬまで戦闘したりな日々。この頃の戦闘はつらかったです。ペットを犠牲と思ったりで。でも今やレベル70超のけもりんになってしまいました。ペットとならば、戦っていける。と思った、そんなかんじにだんだん変わっていきました。