« 抹茶ラテ | トップページ | ホタテシュウマイ »

2009/09/24

【ネタばれ】言った、言わない

2009/09/23(水曜・祝日)、京都市北文化会館(開場17:30、開演18:00)で行われた、KANちゃんのコンサート「KAN弾き語りばったり#11 ~言った。言わない~」の観賞レポートです。ネタばれなので、本文は続きに書いていきます。自分が観にいくまでは見ないぞーという方は引き返していただけると幸いです。ちょっと知りたいわぁという方はお先にお進みください。






わしは相方と二人でコンサートに向かいました。

京都市北文化会館は地下鉄北大路駅の階段をあがってすぐのところにあり、地下鉄からくるとたいへん便の良い会場です。会場に到着すると、ピンクのはがき大の紙と、青くてそれより一回り大きい紙を渡されました。青いのは弾き語りばったりの物販案内などが書かれたもので、ピンクのはコンサートの中で読まれるちょっとした小ネタ系のおはがきもどきです。開場を待っている間にそこに記入して、開場とともにアンケート回収箱へ。

開場されると、舞台のピアノに向かって運指のおけいこをされているKANちゃんの姿を拝めます。本日のいでたちは、

・紺地に白いドット柄のジャケット
・黒いベスト
・白いシャツ
・エビ茶と灰色の2センチほどの横しま模様の蝶ネクタイ
・カーキ色のズボン(下3回ほどクリクリ折ってある)
・黒か濃い灰色の靴下
・茶色の皮靴

髪型は短めのいつものかんじでした。

開演10分前ほどに白いポロシャツ・黒のベストを着た(KANちゃん曰く、”ラフな格好”)スタッフがやってきてボソボソ。それを聞いてKANちゃんが「本日の開演は予定通り18:00開演予定の予定ですー」と、予定が重なって、頭痛が痛い状態。

そして開演。勢いよく走りこんできての開幕。

♪東京ライフ
♪世界でいちばん好きな人
♪プロポーズ

この3曲を間に立ってお辞儀をしながら終了。

MC
「連休ベリマッチ」いきなりジャブがきました。「いろいろな行事を断ってこのコンサートに来た皆様を感謝します」
「#1、#2、#3、#5、#7、#11と素数展開をしてきましたが」「オープニングは経験値の高い曲、僕には安全な曲をお送りしました…毎年きてらっしゃる方にとってはいつも同じような曲であることがいなめなめなめなめなめませんけれど、はじめてきた方は『こんなものをはじめからやってしまってよいの?』みたいな贅沢なラグジュアリー感が…」
「地元の曲をガツンとしたところで」(やってないやってない)「これからさらに引き離していこうと思います」
「次はアルバム『免税店でグッバイ』に入っている『ラジコン』」「最後にダダーンと大きい音がなりますので、あっ最後だなと思ったら耳をふさいでくださいね」

♪ラジコン

「…思ったより大きな音じゃありませんでしたね」

♪Songwriter

MC
「今回は声を出さないといけないのです」と、ここらへんから会場のみなさんも声をださないといけないようなことをほのめかしておられました。
「嫌でしょ?嫌でしょ?」「僕のコンサート…はじめての方は『ワン!』と言ってください」「はじめての方!」『ワン!』と、男性のいい声が。おー。
ここでビリー・ジョエルの曲と、それをめざして作った歌を2曲続けて演奏。

♪If I Only Had The Words(ビリー・ジョエル)
♪遥かなるまわり道の向こうで

MC
ピンクカードのコーナー。
・「皿うどんが食べたい」と旦那が言ったので作って出したら「チャンポンじゃないか!」と怒られ皿をなげつけられた。腹が立ったので、旦那がお風呂に入っている間に上司を呼びつけ、風呂あがりの旦那を説教してもらった。→「皿うどんとチャンポンの違い…ラーメンは600円くらいですけどチャンポンは1200円くらいの手間とかかかるんですよ。日本チャンポン振興会、略して日チャン振の僕としては、この違いを広めていかねばなりませんね。札幌の人は『チャンポン…それちょっとエッチなもの?』と浸透していないかもしれませんね」
・スコートを履くのと見るのとどちらが好きですか。→履いてスコートを履いた人を見るのが好き。
・高校生のときは制服で来ました、大学生になったので白いワンピースで来ました。→遠くからでも抱きしめたいですね(笑)←推測するに、たぶんこれはKANちゃんのラジオか放送を聞かれている方ならわかることなのでしょう。わしは聞けないところにいるので推測で申し訳ありません。

ここでカバー曲。
「…お持ちの覚せい剤全部没収」とか「次の曲は…『碧いうさぎ』」とさらっとここらへんで時事ネタを混入。あわわわ。

♪僕がついてる(トータス松本)

「背後霊目線の歌ですね」

MC
「aikoさんのコンサートのように『男子!』『ハイ!』『女子!』『ハイッ!』『メガネ!』『ハイ!』みたいな会場とのやりとりがしたい」「aikoさんのコンサートを見たperfumeのあーちゃんが数日後のコンサートでこれをやってのけたので、彼女が生まれる前からコンサートをやっている僕がそれをできないというのは…できて当たり前なようなのでやりたいと」「ウォーミングアッペ」「ギブアッペ」
「『ノーパン!』といったら『YES, we can!』と返すのいいなあ」ということに。
「男子!女子!メガネ!コンタクト!裸眼!ノーパン!『Yes, we can!』」

声がでてきたところで新曲。会場のみなさんといっしょに歌っていくもの。「普通は会場でフレーズを歌って練習してその後ではいきまーすみたく始めるでしょうが、それがいやなんです」「同じメロディが繰り返しで出てくるのと、次に歌ってもらうんだーというのがわかるようになっているのでそこで皆さんは歌ってください」「新曲なので『歌ってー』『キコエナーイ』と僕はできませんから」と言っているKANちゃんはすっかりaikoさんやperfumeのコンサートから盗んできた会場とのやりとりを会得しているようでした。

新曲
♪よければ一緒に

メロディはAA'ABのような繰り返しで、歌詞をきいているうちに次に歌うんだというのが織り込まれており、これはよくKANちゃんが”曲をつくって苦しいけどとりあえずもがいている”とか”作り終わったらワインのみたいなー”とか自然にマイルドに混入する独特のテクニックなんだと思って笑えました。

♪永遠
♪まゆみ
♪愛は勝つ

愛勝つは会場からスタンディングのかわりに手拍子が。さきほどの「よければ一緒に」も手拍子がありました。

そして形式的に最後の曲。いつものように二段階のお別れになります。

♪50年後も

・・・

アンコール

左手から退場するも、ドタドタドターとの足音を響かせて、右手から再登場。

MC
「アルバムは作成中」「年内に出すことは無理だとは思いますが、年明けに15枚目のアルバムが出せるかと」「明日誕生日で…リア・ディゾンと同じ誕生日であることを強く言っておきたいと思います」

この後、KANちゃんが大好きだったマイケル・ジャクソンさんが今年亡くなった話をして、マイケルさんの曲を歌おうということでもちだしたのが平井堅さんの「Ken's Bar」「ケン・ズバー!」「Black or Whiteを歌ってたのを見ましたが…彼のズボンの丈が短かすぎたのはいなめなめなめなめなめないのですが」
ここでさらりとピアノで弾いたのが「Human nature」だったり「Heal ther world」の日本語版だったり。わしはマイケルが亡くなってから音楽を聴きだしたのですが、知っている曲だったのでこれだけでもたまりませんでしたが、ここでチョイスしたのが次の曲。

♪Heal The World(マイケル・ジャクソン)

そして最後の最後は新曲。「これは最後にしかもってこれなかった」「バイバイバイ。博多弁ではありません」

新曲
♪bye bye bye

・・・

終幕

終演の放送は、「かすった、かすってない」でした。これを聞かないと帰れませんな。

08:54 午前 [音楽] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44369/46297515

この記事へのトラックバック一覧です: 【ネタばれ】言った、言わない:

» Yes,we can!! from DONDONいこう
オバマ大統領とは関係ありません。念のため。 シルバーウィークの最終日です。今日は 続きを読む

受信: 2009/09/25 22:22:56

» にっちゃんしん from ぶつぶつノート ~三日めのネコ~
「にっちゃんしん」は「日本ちゃんぽん振興会」の略です。KANさんが勝手に精神的正 続きを読む

受信: 2009/09/26 10:50:50

コメント

コメントを書く