« 恐るべしジョジョ立ちマスター | トップページ | 荷物ドコぉーー?!(@@ »

2004/09/15

TV番組のありかた

TV収録の児童、スクワットで疲労骨折 NHK - asahi.com : 社会より引用。

 NHK(日本放送協会)のテレビ番組「課外授業ようこそ先輩」に出演した大阪市阿倍野区の市立金塚小学校6年の男子児童(12)が、番組収録中、ひざの屈伸を繰り返す「スクワット」運動をさせられ、腰を疲労骨折していたことがわかった。同校は収録前、スクワットを番組内容から外すようスタッフに求めたが、拒否されたという。

「課外授業ようこそ先輩」って好きでよく見てる番組です。各界の有名人が母校をたずねて授業を行いいろいろ教えるというもの。この回ももちろん見ました。赤井英和さんでした。子供たちがスクワット対決をして、ほんとうの強さとは何かということを知る、ということ。自分のためだけにやるとついあきらめてしまうことが、みんなに応援されたりすると頑張れるということを教えていました。

何が問題だったかというと、

スタッフには「子どもたちががんばりすぎて筋肉痛になる」と中止を訴えたが、「スクワットでないと番組が成り立たない」と断られたという。このため「絶対に無理をさせない」という条件でスクワットの企画を認めたという。

「スクワットでないと番組が成り立たない」。あまりに考えが狭すぎではないでしょうか?元ボクサーの赤井英和さんだからこそ、身体を動かすことから何かを、ということはあったかもしれませんけど。かといって、では何だといいか?ともなるとすぐには考えられないんですけれど…。でも子供たちは子供たちで頑張っていました。すごく。えらい。

(2002/09/17追記)このように朝日の記事を見てすごくショックだったのですが、後から日刊スポーツの記事をよんでちょっとだけほっとしました。

小6腰骨折…赤井が母校で授業収録時 - nikkansports.comより引用。(スペース上3文中略しました)

 男児は普段から野球などスポーツ好きで、当日は350回もスクワットを行い、周囲が止めるほどの頑張りをみせた。(中略)NHKは「今日(15日)制作会社から連絡があった。すぐに児童に謝罪に行ったが、両親は放送を喜び、逆に恐縮された。詳細は調査中」とコメント。男児の母親は「普段は野球でもっとハードな練習をしています。この子が少し頑張りすぎたんです」と話した。

誰が骨折してしまったのかと思ってたら、あの一番すごい記録をだしたあのコだったのね。確かに最初の自分のためにスクワットをするとき、最後まで残ってたあのコ。頑張ってた。「すぐに児童に謝罪に行ったが、両親は放送を喜び、逆に恐縮された。」とあり、いまどきの親なら”うちのコにこんなケガさせて!”とか怒って訴えるとかすると思ってたのですが、この両親の言動にほっとしました。ちょっともやもやが晴れたので追記。

04:38 午後 [映画・テレビ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44369/1442174

この記事へのトラックバック一覧です: TV番組のありかた:

» 不祥事理由の受信料拒否、1万3千件に NHK from 優雅なる没落
不祥事理由の受信料拒否、1万3千件に NHK (朝日) NHK海老沢会長大ピンチ 続きを読む

受信: 2004/09/15 22:42:00

» 小学生、スクワットで疲労骨折。 from 空をかすめる
 問題はともかく、凄いな、と思うニュース。  (注、記事下部に追記を書きました。)  NHKの番組「課外授業ようこそ先輩 続きを読む

受信: 2004/09/17 2:25:38

» 不祥事理由の受信料拒否、1万3千件に NHK from 優雅なる没落
不祥事理由の受信料拒否、1万3千件に NHK (朝日) NHK海老沢会長大ピンチ 続きを読む

受信: 2005/03/16 9:39:29

コメント

コメントを書く