« 眺庵 かがやき | トップページ | モリタ屋 JR京都伊勢丹店 »

2004/09/22

商品券がただの紙くずに…

スーパー商品券3700万円“紙くず”、突然の閉店で -- YOMIURI ON-LINE / 社会より引用。

大阪市内を中心に7店舗を経営していた中堅スーパー「アルファー」(大阪市淀川区、松本和夫社長)が、大阪地裁に民事再生手続きを申し立てたことで、事前販売された約3700万円分の同社の商品券が利用できなくなっていることが22日、わかった。

この商品券、現金よりも1割多く買い物ができる(1万円で額面1万1千円分買える)ので、多くの金額を一括購入された人も多いそう。しかも返還されるとしても額面の1~2%(つまり500円だとしたら5円~10円)しか見込みがないとのこと!!民事再生手続きをした同日に全店が突然閉鎖されたとのことで、スーパー利用者はもうがっくりこのうえなし。 (((´・ω・`)そんなコメントが載っていました。

地域に根付いていたり、大きな会社だったりすると、信頼して自分の大切なお金を預けたり資金を投入できるんですが、このような昨今のニュースから、どうも先行きが見えない世の中になってきてしまってどうしようか困ります。そして迷います。自分はずーっと前から趣味でテレホンカードを集めていて、数百枚あるのですが、最近は携帯電話の普及がすごいのでテレホンカードはもうなくなってしまうのではないか?もしかして額面どおりに換金してくれないかも?電話代だけにしか利用できないの?!NTT倒産したらどうしよう?!;とかあれこれ危惧しています。タダの硬いカードってことになってしまったら、ああどうしよう…。NTTさんがんばって;

06:44 午後 [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 商品券がただの紙くずに…:

» 商品券78000円 from 懸賞日記:風水で懸賞生活体験記
近所のスーパーの商品券1000円分が78枚!!!(78000円分) 今日そのス... 続きを読む

受信: 2005/09/06 0:48:56

コメント

コメントを書く