« 五蛇将クエは絶対にやっておくべきだった | トップページ | フェイス:ウルミアをてにいれた »

2015/05/20

フェイス:マートをてにいれた

里帰り5日目。

フェイスをふやしたい。増やすということはそのキャラクターとの絆を増やしたいということ。そうなんだ。そうなんだよ!ということで、現時点でいちばん手が届きそうなものを。

マート爺。

調べてみたら、わしが「星の輝きを手に」をクリアしたのは獣吟忍赤の4つらしい。(誕生日にコルセアのクルダタ様とデートしたものは数に含まれないらしい)わしのレベルからいってあと2つ。どれだ。モンクLv75と狩人Lv75。これか。

Lv75キャップのときに止めてしまった二つのジョブ。いまさらながら証取りから行ってきます!デルクフの塔へ。

Diu150519105439a
▲モ/踊とフェイスはこのメンバーで。

復帰組のわしには毎日が驚きです。ホームポイント移動ができたりA.M.A.N.の本で移動ができたりするようになったのはイイ…実にイイ!なかなか別エリアにいけませんが、マップをひらいてはホームポイントと本があるところには足を伸ばします。

そしてデルクフもひさびさに迷いながら下からてくてく登っていきました。上層で迷ったりはもちろん。そして1時間ほどでなんとか偉大なるモンクの証と偉大なる狩人の証をゲット。偉大なる戦士の証とか大量のギガーズソックスもゲット。ギガーズソックスが…かさばらない!スタックできるようになったのん?!という驚きも隠せません。靴下分解できるように風クリもってあるいていたころを思い出します。ちょっと横道にそれますが、倉庫でアイテムをせいとんするとだいぶ空きができました。飛竜の皮とかサンドリア小麦粉とかそこらへんがぎゅっとスタックされたらしいです。ああ、便利になったのね…!(しみじみ)

証をとったら、バトルフィールドへ。ここでもわしには驚きが。ジュノ下層におられるドミニクさんがバトルフィールドまでギルで運んでくださるとかいうじゃないですか。すげー!そして、飛んでバトルフィールド前まで運ばれますが、その前にちょっとエリアチェンジするとすぐホームポイントがあったりしてそこを調べておくと便利さアップ!!!いつも移動に時間がかかっていたのでわしの記憶にあるFF11からは便利な時短な世の中になったものだとまたしみじみ。

わしは星唄ミッション実装分クリアしたので「星の輝きを手に」でフェイスが出せるようになったようです。どこでだすのかわからず突入前にだしてたらぷしゅーときえました。なので、思惑とは違う人を中で呼んで戦いました。

Diu150519111902a
▲百烈拳!

フェイスをだすことができればもうすっかりイベント戦闘です。モンククリア。

おなじように狩人もクリア。狩人にいたっては、10人いる倉庫さんのどこに武器をしまっていたかを探すことのほうに時間をかけてしまいました。そしてレンジ武器を撃つマクロを忘れていたため一発も銃を撃つことなく終わったことも忘れられない思い出になりました。

これでクリア6ジョブ。無事にマート爺をお迎えすることができました。

Diu150519125013a
▲戦隊もののような並び。

ここまできたらマート帽…とか思いましたが、マート帽へは残り9ジョブ…ムリ><!!


・・・

おまけ。

わしの「星の輝きを手に」一覧。

忍70で初クリアした時のログ(2004/05/17)
http://homepage3.nifty.com/diu/etc/20040517.txt

獣75でMaat戦ふたたび(2005/09/10)
http://diu.cocolog-nifty.com/diudiuffxi/2005/09/75maat_1bbe.html

星の輝きを手に(赤魔道士)(2005/10/01)
http://diu.cocolog-nifty.com/diudiuffxi/2005/10/post_15fe.html

吟75でまたまたMaat戦(2006/01/21)
http://diu.cocolog-nifty.com/diudiuffxi/2006/01/75maat_4c60.html

|

« 五蛇将クエは絶対にやっておくべきだった | トップページ | フェイス:ウルミアをてにいれた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44369/61616299

この記事へのトラックバック一覧です: フェイス:マートをてにいれた:

« 五蛇将クエは絶対にやっておくべきだった | トップページ | フェイス:ウルミアをてにいれた »