« ドッグノーズとトレジャーハンターが合わさって最強に見える | トップページ | 持ちジョブ駆使して「囚われのシャントット」 »

2011/10/09

流砂洞の重力扉がタルタルでも開けられるようになったよー

先日のVUPで流砂洞の重力扉がひとりでもあけることができるようになりました。震動石と隕石を準備してクリア。

・クエスト「1人でも開いちゃう?」

・東アルテパ砂漠(G-7)ゴブリンLokpixに話す
 震動石 と 隕石 or 土の精霊石 or 土の石印12個 をトレード
 ※震動石…震動の回廊のプロトクリスタル脇の???を調べるとゲット
  隕石…西サルタバルタのCrawlerを倒すとまれにドロップ
  土の精霊石…風のクリスタルで削るとまれにできる、覇者エリアで得ることができたりする
  土の石印…土曜日・土天候時に楽表示の敵がドロップすることがある
 →だいじなもの:重量石(流砂洞の仕掛け扉がひとりでもあけることができる)を入手、クリア。

Diu110922082434a
▲これでひとりで開いちゃうのよ!

せっかくなので、重力扉を堪能しようと流砂洞へおでかけです。獣95/踊。

流砂洞はGoVもない(敵リポップが16分ほどの)昔のまま時が止まったような場所になっていました。まず早速寄り道ですけれども、東アルテパ砂漠(J-7)から入ったところでうろうろ。せっかくのドッグノーズとユリィ様のトレジャーハンターがあわさって最強に見える期間なのでNMを狙ってみました。

小一時間うろうろしたものの、みつけたのはセイブザクイーンのAntican Praefectus。ちぇっ、クエイクとか期待してたけどシャーマンクロークのNMは沸きませんでした。

Diu111008150736a
▲アンティカの肩甲、ミスリル鉱だけ。

うろうろしているときにアンティカタグをゲットしたので、西アルテパ砂漠(J-9)から入ったところのタンギNMのTribunus VII-I戦。トリガトレード型のNMのはしりだったような気がします(いちばんのおおもとはキュスNMですけれども)。

Diu111008152442a
▲タンギ、鉄鉱*2、アンティカの肩甲、黒鉄鉱ゲット。

さあいよいよ次は重力扉へ。片手剣WSNMの下見におとずれた時は開かずに断念した扉もいよいよひとりであけられるんだー(その断念した記事はコチラ)。あれから6年か…。

Diu111008154027a
▲ぶーん。

タンギNMのところはヴォイドウオッチ(第2章Step1)の入り口になっているらしく、Planar Riftなるものが通路と扉の向こうにもありました。ストンガIIIのNMとかいないかなーと思ったのですが滞在中には見つけることができませんでした。

そしてようやく西アルテパ砂漠(G-5)から入ったところのダインスレイフNM狙いに。Lv95からみて楽表示の敵ばかりではありますが、クモはしっかりからんできますので注意。Proconsul XIIを発見して突撃!ああ、赤/獣のフレと忍/獣のふたりで遊びにいったことが懐かしい。

Diu111008163044a
▲Proconsul XII。

ドロップはダインスレイフ・鉄鉱*2・黒鉄鉱*2でした。ごっちゃんです!

そしてしめくくりとして、くやしいイメージしかなかったサボテンNM:Sabotender Bailarina戦。昔むかし、踊り子のジョブがなかったころにLSで行った時は針千本で半壊して脱出した記憶がある痛いいたいサボテンに、いざ、リベンジ!

Diu111008163548a
▲針千本が連続でくることもあるかも(@@

針千本がVフラでとめられるのですが、その直後にも針千本がくることもあるので気をゆるめることはできません。くらったらケアルワルツIIIで大回復のためになるべくTPは温存です。

そしてドロップはもちろんデューンブーツ(100%ドロップ)!ヤッターリベンジ成功!!

たくさんのお土産とともに帰還。RareExだけれど倉庫さんに送れるようなのでポストにつっこんできました。さすがにLv95となった今だとここらへんのNMは頑張れば倒せるくらいのレベルになったけれど、戦利品もいろいろいただき実りのある一日となりました。

|

« ドッグノーズとトレジャーハンターが合わさって最強に見える | トップページ | 持ちジョブ駆使して「囚われのシャントット」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流砂洞の重力扉がタルタルでも開けられるようになったよー:

« ドッグノーズとトレジャーハンターが合わさって最強に見える | トップページ | 持ちジョブ駆使して「囚われのシャントット」 »