« アンティカ狩り | トップページ | 蟻三昧 »

2009/09/12

前門の蟻、後門の鳥、横からサボテン

本日も西アルテパ砂漠FOVのページ5(Antican Secutor…4、Antican Lanista…6、1140exp・1140ギル・114葉)。敵の強さがLv58まで(わしLv57)なので治癒フェロー付です。

Diu090911130834a
▲黒アリは南西部にいっぱいいるイメージ。

ブログにコメントで教えてくださった方の情報をもとに、見分けにくいアリンコを配置で少しでも狩り易いように、と歩き回り、体得してきました。戦士アンティカSecutorはわしはH-7北東部でつって山の裾野で戦闘、黒アンティカLanistaは山南西部のほうにでかけていって戦闘というかんじでした。

調子ぶっこいて黒アンティカと戦っていたところ、なんだか殴られてないのにわしのHPがガリガリ減り出した。振り返ると奴がいた。Phorusrhacos。強さ?んなの調べる暇ねえっす。だってでか鳥Lv57-60だぜ?おなつよ以上ってことは…お母さーん;

サペリフィクスしてレジられ、どうしようかと思っていたらフェローさん本気モード。しかしここに第三の刺客が…。どこから来たのか、サボテンが足を蹴りやがる。なんとかアンティカを倒したものの、あああっ;

Diu090911131251a
▲なむー。

西アルテパ砂漠は戦闘位置に困ります。特に南西部は気をつけなければということが身をもってわかった一件でありました。倒れてばかりというわけではなく、ここで青魔法スキルが188の青字になったことだけは自分で自分を褒めたいことであります。Lv58への折り返し地点はもうすぐ。

|

« アンティカ狩り | トップページ | 蟻三昧 »

コメント

こんにちは。
毎日のご活躍を楽しみに拝見させて頂いております。

さて、戦士アリがまとまって居る場所は、
Map G-9 ~ H-10 あたりが狙い目です。

そのすぐ側の東アルテパへ抜けるトンネル手前にも
FOV の本が開いていますので、
Map 中央の山にある FOV と行ったり来たりできます。

そして、黒アリは、Map G-5 ~ G-6 あたりが狙い目です。
更に、F-6 あたりにも居ると思います。

また、G-5 に流砂洞へ入る通路がありますが、
その通路脇の小部屋にも黒アリが一匹沸きます。
戦闘する際は、通路を徘徊するナイトアリ二匹を避けて、
通路から最も離れた壁際で戦わねばなりませんが、
流砂洞に入る手前が安全地帯なので、
戦闘後の MP 回復に便利な場所でもあります。

では、ご武運を!

投稿: しめさば | 2009/09/12 19:13

しめさば様:
詳しい情報をありがとうございました。
昨日コメントをいただいたこばやん3号さんからも
詳しく書いていただき、
これでわしもアンティカマスターになれそうです!

先輩方があるいていった道を
わしが横道にそれつつも必死でおいかけている様を
懐かしいような気分で読んでくださってるかと思うと
こちらも楽しいです。

投稿: Diudiu | 2009/09/13 07:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前門の蟻、後門の鳥、横からサボテン:

« アンティカ狩り | トップページ | 蟻三昧 »