« 学者64→65 | トップページ | 学者65→66、二人マナバーンPT »

2008/11/28

からくり士サポ学者でカンパニエバトル

いよいよからくり士サポ学者で登場です。

Diu081127082619a
▲倉庫からもってきたカビくさいエラント装備。お供は黒頭マトン君。

精霊>寝かせのパターンだということで、カンパニエバトルで各地を転戦していろいろ試してみました。

Diu081127090916a
▲スリプルー。

わしがいつもカンパニエバトルで参加しているからくり士サポ赤魔道士と比べながら、感じたことをいろいろかいていきます。わしメモ。

・サポ赤時はプロ2シェル2ストンスキンブリンクファランクスと防衛力大だったのですが、サポ学ではプロ2シェルとさびしい=死ぬる。
・白頭マトン&バミリサポ赤時はなんとかソロ可能だったのですが、精霊>寝かせだけでのソロはほぼ不可(最終的にスリプルレジになりヘイトも稼ぎすぎになるので殴られ死になる)。
・コマンドをたくさん使うようになり、腱鞘炎が再発しそうなくらいに忙しい。
 黒グリ>補遺>スリプル待機>マトンデュプロイ>精霊を打ちそうになったときにリトリーブ>わしスリプル>アスピル>ディスペル>スリプルリキャストをみてドレイン>スリプル>とか、HPが少なくなった人をみつけては白グリ>ケアルやら自分のMPをみてリジェネ>机上演習やらそんな流れ。待機中は闇マニュでMP回復、攻撃時は氷マニュで魔法威力アップ。黒頭くんのHP回復はリペアーで。オートリペアキットはあまりあてにならない。
・黒頭マトン君が精霊以外のものを唱えるときもあるので(ブライン・アスピル・アブゾインあたり)、また殴りかかりに走り出すことがあるのでそのときのリトリーブも大事。
・非ソロ時は遠くから(範囲でやられるほど弱弱しいので)マトンと一緒に精霊やドレインアスピルディスペルやら。アスピルでかなり吸えるので座らなくてよい。

これで黒衣チェンジ(HPをマトンと入れ替え)や腹話術(敵対心をマトンと入れ替え)ができるようになったらもう少し死ににくくなるのかもしれません。

|

« 学者64→65 | トップページ | 学者65→66、二人マナバーンPT »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: からくり士サポ学者でカンパニエバトル:

« 学者64→65 | トップページ | 学者65→66、二人マナバーンPT »