« 観戦と撮影旅行 | トップページ | 手のかかる子ほどかわいい »

2007/09/14

死の撮影旅行-レアグラフィックモンスターゲットの旅

闘技場でログアウトするので、ログインしたら闘技場、即、試合出場へのトレードオンラインという生活です。

たくさんの戦うモンスターたちをみてきましたが、ここらへんでどうしても飽きがきてしまいました。黒マンドラやアプカルなどはメインジョブがモンクで両手で殴るから強いし、タウルスやドラゴンも見飽きてしまいました。

こう、なんというか、レアなグラフィックのモンスターが見たい…と。

攻略wikiや某掲示板の情報をみているうちに、定かではないのですが見たという情報があり、どうしてもゲットしたいコができました。それは…神印章BC「蜘蛛の神」の子蜘蛛。きっと小さいんですよ!小さきものはみなうつくし。きっとかわいらしいんですよ!!ああどうしましょう。

「蜘蛛の神」は獣使い6人で行ったことはあるのですが(行った記事はコチラ)、ソロで突入したらどうなんだべ。ネットで調べてみると、忍・赤ふたりで「蜘蛛の神」にいった記事を発見(一人屋敷様の『二人で「蜘蛛の神」』(2007/04/13))。忍者でつっこめばなんとかなるかなあ…と思いつつあれこれ考えていたところ、闘技場で会ったフレが一緒に行ってくれることに。ありがたいことです。忍/白、赤/黒でフェ・インへ。

今回のBCの最大の目的が”でてくるクモの激写に成功する”ということなので、勝敗はともかく撮影するぞ!ということ。でもあわよくば勝ちにいけたら…という希望も持って。戦闘の流れは、

・親蜘蛛をたおした後、倒れた場所に子蜘蛛がわらわら8匹沸く
・わいた子蜘蛛をスリプガして1匹ずつ倒す

ということで突入。

Diu070913115807a
▲親蜘蛛。赤いです。

最初、空蝉に余裕があるときに激写し成功。なんとかかんとか親蜘蛛を倒します。数年ぶりの忍者なので、状態異常系の忍具はもってきたものの、かんじんの遁系の忍具が無い!撮影直後の硬直時にシックル食らって即死した後衰弱していた時は、飛び道具攻撃しようにもカメラは外せないし、遁は無いし、後をおいかけてあわあわしてただけでした。残り1ミリくらいでパライガなんていうのを唱えられたもんだから、あわあわしていたら麻痺。ヒーン。親蜘蛛を倒せたものの、すぐ子蜘蛛が沸いて…。

Diu070913121219a
▲ナムー。

結局子蜘蛛はとれずじまい。くやしいのでリベンジでもう1戦。今度は先の戦闘を考えて、

・パライガうけたらその後はバインドさせて状態をととのえてから戦闘復帰
・魔法は続けて唱えてこない(20秒くらい間隔がある?)のであせらずに

とのことをふまえ、2戦目。今回は氷柱ももってきた!!蝮刀のスタンもいいところで出てくれたので、1戦目よりは楽に親を倒せました。で、このあと。子蜘蛛が走って殴ってくるところをフレがわしに大回復し続けてくれるので、ここでカメラをもって激写!と、撮れた!!むぎゅう。二人で戦闘不能になり、子蜘蛛が初期位置にもどったところで、わしから立ち上がると、ワラワラ親の敵!!と、わしめがけて子蜘蛛が走りこんできました。そこでフレがスリプガ。そしてフレも子蜘蛛を激写!!な、なんとか目標は達成です。そのあとはムギュウ。子蜘蛛は親を討たれた悲しさからか、どんな遠くからでもおっかけてくるようです。ごめんね子蜘蛛(((´・ω・`)

闘技場に戻り、鏡化してもらったところ、親の赤蜘蛛はLv8戦/赤、子蜘蛛はLv8戦/-タイプでした。トレードオンラインの末、受付完了。運よくフレとの対戦になりました。一緒にお立ち台へ。「これでグラフィックが反映されなかったら泣くね」と話していたところで戦闘開始。

Diu070913143103a
▲親蜘蛛 vs 子蜘蛛、夢の対決キターーーーーーー

わが子・子蜘蛛は小さいまま登場。毒を吐くときに体がでかくなってびびりました。対する赤蜘蛛も色が独特で、いずれは赤ということで魔法も唱えてきそうです。この親子対決は負けてしまったのですが、弱いですがかなり個性的な子なので、手がかかりそうですが育てていこうと思いました。付き合ってくれたフレありがとう。久々にワクワクした冒険でした。

パンクラティオンの攻略wikiはこちら

・・・

おまけ。

おとといまでのわしのサイトの検索フレーズの傾向。…みなさん懐がこころぼそいのでしょうか(((´・ω・`)かといってわしのサイトでは小銭くらいにしかならない情報しかなくて申し訳なく思っています。

20070913_0
▲9/12

そして昨日の検索フレーズ。ヤッパリネ。わしの日記はパンクラティオンがどういうものなのかをやったこと順にまとめただけなのですが、最後にwikiのアドレスかいておいたから少しはお役にたてたでしょうか。

20070913_1
▲9/13

|

« 観戦と撮影旅行 | トップページ | 手のかかる子ほどかわいい »

コメント

子蜘蛛!!
これは良い記事(*´Д`*)
その根性に感服ですw
おいらもレアモンスターゲット狙ってみようかなぁ

投稿: やんぼう | 2007/09/14 07:40

この親子対決はすごい夢の対決ですねえ
今の時期しか好き勝手にやれないかもしれないので、やりたいように楽しむべきですよね!

投稿: redlion | 2007/09/14 17:37

強くなくてもいいから可愛い子が欲しいな(*'-')
レアだとなおイイけどw
と言いつついまだにどこで開催してるかも分かってませんが><

投稿: メイ | 2007/09/15 01:21

やんぼう様:
BCでレアモンゲットだぜ!
→印章を使う機会がフエタという図式に。
まだ見ぬあのこはどこにいるんでしょうね。

redlion様:
まだ序盤だからかなり緊迫した試合ができますが
差がついてきちゃうとツヨイコばっかりで
飽きちゃう(*'-')

メイさん:
メイさんの望みをかなえてくれるコを
ゲットできるといいですね!!

投稿: Diudiu | 2007/09/15 06:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44369/16442319

この記事へのトラックバック一覧です: 死の撮影旅行-レアグラフィックモンスターゲットの旅:

« 観戦と撮影旅行 | トップページ | 手のかかる子ほどかわいい »