« いまさら「黄金のたてがみ」 | トップページ | 戻ってきたぜ、裏ザルカに。 »

2006/11/11

ぶらり汽船航路の旅

本日の結果。

Diu061110140325a
▲おズボンはバルバロッサゼレハですか?

前回の弱点分析作戦の結果をシパーヒ装備の髭エルおじさまに聞きにいきました。もう何と答えてきたか忘れてしまったほど適当に答えておいたのに、なんと2つとも大正解とのこと(@@。???ボックスをいただき、鑑定してもらったところ、ミスリルインゴットでした。…中あたり?
これで弱点分析作戦の3通り(ラミア・トロール・マムージャ)が終了。来週は次に進めるかしら。

・・・

本日のお題。

・セルビナ-マウラ間2往復

続きます↓('ω')

・・・

微熱状態が続いています。身体の節々が痛くてだるいのです。

ログインしてもチョコボの様子を見てログアウトだったり、デュナミスを休んだりしまして、ようやくなんとか復活のきざしが見えてきました。かといって大暴れするまでの復調にはなっておらず、釣竿とエサを持って、釣りにいくことにしました。

セルビナ-マウラ間を船で2往復して釣りをしました”…骨子・概要はこれだけなのですが、わしがあれこれエピソードをつけたして肉付けをしていきます。

・・・

「ハラキリ、あれで海図とかもでるんだよねー」「海図クエで出るリングで釣りの格闘も楽になるんだよねー」ハラキリか…カダーバの浮沼でヒュム竿・ミノーで釣りをして、ダークバスが大量に釣れた時に持ってきてハズレで10ギルもらって「これが10ギル?!」ってがっくりきたよなあ…(その時の話はコチラ)とふと思い出しました。そういえばわし、白門にも漁師ギルドがあることを恥ずかしながら昨日はじめて知りました。そしてわしがこないだカダーバの浮沼で懸命に釣り上げてたブラックゴースト、これギルドで店売りしてるぢゃないですか!うわああああん!!ああ無知ってすばらしい;;

最近、時々釣りをしているわし。スキルは只今44ですが、この海図がハラキリで出るかもしれないベッフェルマリーンとやらを釣ろうじゃないか!上限62といわれるお魚、釣れないはずはない!とのことで、海に釣りに出かけました。

Diu061110151354a
▲セルビナにて。あの船はイカ釣り船かしら?

ベッフェルマリーン…セルビナの漁師ギルドでも売っているんですが、やっぱり自分が釣り上げてきたやつでないと…。あくまでもロマンを追求します。今回用意した釣竿は大物用の複合素材の竿。万が一折れたら自分で直せるように…と光クリ持参です。エサはブリの切り身3ダース。白門漁師ギルドで購入。セルビナ-マウラ間2往復と自分で時間も決め、いざ出航。

複合素材の竿…けっこうやっかいなもので、竿が左右にふれて真中に戻る時にまだボタンを押していると、ぎゅいーんと魚のHPも回復してしまうようなしなりを持っています。錬金術でつくりだした素材では折れないけれどしなりの戻りでこんな副作用があるなんて…。けっこう釣りの格闘で苦労しました。小物の音楽で釣り上げられるものはコーンカラマリ。クフィムでつれなかったコレがようやく釣れるようになりました。大物の音楽で釣れるものはモンスターも多かったですが、獣使い75のわしなら4、5発殴ると倒れてくれました。

三度目の乗船時、甲板にはシーホラー…。最初は逃げるようにして階段のところでおっかなびっくり釣りをしていたのですが、ちょっとうるさく感じてきました。

「やりましょうかw」

と、近くのタルさん。茶色の帽子に青い釣り人服。わしはあまり人を調べたりしないので、そのタルさんをてっきり後衛さんかと思っていたら、サーチでみたところ、わしと同じ獣使い75さん。着替えてカニコさん出して使い魔しているところをみるとやる気まんまんです。わしも遅れてカニコさんをだして、PTになってぶつけます。

Diu061110160427a
▲百烈拳!

結果は相手のカニコさんのがんばりで楽勝。わしのカニコさんはターゲットをとらなかったようでぜんぜんHPが減っていませんでした。16ポイントと、そして、戦利品は…シャル貝ひとつ。残念でした。(ノ∀`)

Diu061110162340a
▲乗船していて、ウィンダスを感じる一瞬。

”出航後のエリアチェンジ後、船のドアをすぐタゲられた時は海賊が来る”というウワサを思い出しました。四度目の乗船時、船のドアをすぐタゲることができました。むむむ。ヨカンがします。やっぱり…来ました。海賊。

Diu061110162506a
▲ホネさん、ホネぬき状態。

そういえばわしはまだバーミリ海賊を見たことがないかも…と思いつつ、釣りは続行です。乗船者は3名、みな高レベルだったためか、続々と来る骨たちにはからまれないレベルであったため、骨さんは甲板に乗り込んでくるもその後はてもちぶさたなようでした。

セルビナ-マウラ間ニ往復も終了、つれたベッフェルマリーンは3匹(コーンカラマリは6匹)。ハラキリしてもらったところ、やっぱりというか当然というか、おなかの中から海図が出てくることはありませんでした。

|

« いまさら「黄金のたてがみ」 | トップページ | 戻ってきたぜ、裏ザルカに。 »

コメント

自分も釣りが好きなので、良くぶらっと出かけますよ~。
運が悪いのか、同じくハラキリはなかなか、出ないです・・・
と、解っていても。
夢見てまた渡してしまうのですけれどね(笑)
 
無理は禁物。お大事になさってくださいね。

投稿: ヨシカズ | 2006/11/13 23:41

ヨシカズ様:
ロマンは大切です。
あわよくば精神、いいじゃないですか。
それで自分のキモチをあげていけるならば。

お気遣いありがとうございます。ほぼ治りました。

投稿: Diudiu | 2006/11/17 10:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぶらり汽船航路の旅:

« いまさら「黄金のたてがみ」 | トップページ | 戻ってきたぜ、裏ザルカに。 »