« 暗33→33、約1ヶ月ぶりの裏 | トップページ | 「ふたりはいつか」 »

2006/01/14

暗33→34、ENM

本日の一枚。

Diu060114003235a
▲山は白銀。

熊爪嶽。ENMの大小タウルス君BC(バッファローがいて晴れた日だけ入り口が開くところから入るBC)の出口のところには、洞窟から外にぽっかり出られるところがあります。ここの眺めは最高です。雪山。谷底まで吸い込まれそうなので、高所恐怖症の方にはおすすめできませんが。でも絶景です。ぜひともENMのお帰りの際には時々足を運んでみてください。

・・・

本日のお題。

・【暗黒騎士】Lv33→34
・ENM…その前に

続きます↓('ω')

・・・

Diudiu(暗黒騎士Lv33/白魔道士Lv16)
 @1000です
 サポ戦シ白など
 よろしくおねがいします!

暗黒騎士になってからは↑このようなサチコメを全く書かずに

Diudiu(暗黒騎士Lv33/白魔道士Lv16)
 soloで【ハチ】 【ミザレオ海岸】

↑こんなかんじで現在に至るわけです。今日もソロでございます。Lv34まで@1000。

Diu060113135655a
▲ドレインー!

タブナジアの入り口付近でハチを狩っているわけですけれど、さすがにこんな場所で低レベルでほそぼそと狩りをしている人はいません。行き交う人たちはほとんどがLv70台の人です。おなつよハチとの死闘を繰り広げているときにケアル3を飛ばしてくださった黒様、タゲが行ってしまいましたがケアルありがとうございました。黒様のケアルでわしは助かりました。また、わしに/cheerしてくれる方もいました。サーチしてみると、高レベルの暗黒騎士様でした。同ジョブということで応援していただけるのですが、うれしいですね。わしもよくけもりんでおでかけしているときにペットをあやつって戦ってる人をみると/cheerすることにしていますが、今日はその逆の立場でした。やっぱりうれしいことは人にもしてあげたいです。

ほどなくLv34になりました。これでここのハチは~おなつよまでということになります。ここでもう1レベルくらいあげてからアットワ地溝のミミズ狩りに…という予定をたてています。

・・・

久々に夜にログインできそうなので、トリガをとっていないアットワ地溝へ防毒面をいただきにいくことにしました。暗黒騎士でのレベリングでの場所下見のため、間違えて東側の広場にでたらそのあと山登りをすればいいのにずんずん洞窟を抜けて本来のENMトリガ取りの目的を忘れそうになってしまったりしましたが。

その途中。

プロM2つの道(をかしき再会)のアントリオンNMと戦うあたりにやってくると、そのNMと誰かが戦闘しているログが流れました。ふと見ると、ブロガーであるふぇいどさんがいらっしゃいました。

Diu060113192844a
▲ふぇいどさんに遭遇。

このアントリオンNM戦は、Loose Sandのところにアントリオンが戻るとHPが全快してしまうといういやらしいもので、サンドピット(バインド攻撃)してゆうゆうとPOP地点に戻り体力を全快され、だいぶ苦戦されていた様子。わしはココに赤/白で来ていたので、こっそりヘイストして応援。その後、アントリオンがPOP地点へ何度か戻りかけるも殴りつけて形勢逆転、アントリオンを倒すことができたようです。(*´д`*)

その後、山登りです。うしろにふぇいどさんがいたはずでしたが、ある滑落ポイントでうまいこと抜かされてしまいました。わしはあせるとダメダメちゃんになるので、抜かされたあとほっとしたことはナイショです。

パラダモの石をゲット。とりあえず、自国に戻って待機です。

・・・

夜のENM。千骸谷は獣で参加。獣獣召、いつものエフトBCです。

Diu060113222420a
▲いつも箱あけの瞬間は頭にお金がうずまいてドキドキします。

みんなのがんばりで無事勝利。青漆・鬼丸・ピーアンVが出ました。もう1つのアントリオンBCチームは毛繻子が出た様子です。

熊爪嶽。2PTでそれぞれタウルスBCに突入。龍骨・マーシャルランス・マーシャルアネラス・レイズIIIが出ました。もう1つのPTも龍骨・レイズIIIが出たようです。

毎週恒例ENMはここで臨時収入を得ること・確実に経験値/リミットポイントを得ることなどが目的なのかもしれませんが、みんなが顔をあわせてわいわいやるということも楽しみなことです。

|

« 暗33→33、約1ヶ月ぶりの裏 | トップページ | 「ふたりはいつか」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗33→34、ENM:

« 暗33→33、約1ヶ月ぶりの裏 | トップページ | 「ふたりはいつか」 »